teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:52/1805 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

111cup最終戦、、、の筈だった

 投稿者:  投稿日:2017年10月22日(日)20時41分39秒
  通報 返信・引用
  台風の影響により、本日の袖ヶ浦フォレストレースウェイ最終コーナーは
クルマが見えなくなるほどの水飛沫を上げなければ通過不可能な状況になりました。

111cupのエントラント達は此処のコースは雨に弱いことを知っており
朝の段階でそのように成ることは想定できて居りました。

朝のドライバーズミーティングにて111cupエントラント全員の意見を聞いた結果
レース自体は中止とし、走りたい方だけコースがオープンすれば走る
という走行会形式に決定し、レースは中止。

私らの車両はライトウェイトが特徴なのは御存知の通り
軽い車両は700kg程度です。

そのような車両が雨に強い筈がありません。
何か有ってからでは遅いので私達はレース中止を選択しました。

因みに集まったエントラントには参加ポイントの5点を一律に配点し
来なかった人は0点。

これにて今年のシリーズが終了。

2002年に発足した111cupは今年で15年。
発足当時から、しつこく欠かさず毎年参加させていただいていますが
今年は2年ぶり、通算9回目のシリーズチャンピオンを戴けたようです。
過去は全てE2クラス、E1クラスでは嬉しい初の冠となりました。

昨年、一昨年と電気系のトラブルによりマトモに走れず
昨年末からライドモーターワークスさんに相談し
トラブルの元凶となっている純正コンピューターからEMERALDのコンピューターに変更。

VVCを殺しハイカムと4スロを装着してテストしましたが、袖森を13秒8程度。
自己ベスト更新ならず、手応えもイマイチな結果から
戦闘力の向上が希薄と判断し、思い切ってハイコンプピストンに変更。

これで激変。

絶対的なパワーは180馬力程度でしょうか。
軽い車体を生かして戦えば、筑波サーキットではソコソコ戦える車となり
非常に楽しい車に生まれ変わりました。

些か尖った仕様になり、長持ちはしない仕様となりましたが
20年近く前の16万キロも走行しているレース車両で
最新のクルマと戦えるのって痛快だと思いません?(^^)
 
 
》記事一覧表示

新着順:52/1805 《前のページ | 次のページ》
/1805