teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 袖森2コーナー

 投稿者:  投稿日:2019年 4月21日(日)05時25分13秒
返信・引用
  私の持論が正しいかは甚だ疑問ですが、
私は2コーナーを全開で行きます。

そして、それが出来るように極力緩やかなライン取りと
リヤのトラクション重視。

あのコーナーでリヤのトラクションが抜けると
丘超えコーナーであることからクルマが不安定になります。
そのようなことから決してアクセルを緩めずにリヤに駆動を与え続けます。

するとリヤが安定して駆け下ることが出来ます。
しかし、タイムの肝は此処だけとは思っておりません。

次の3コーナーはとても難しく、
気持ち的には4コーナーまで全開で行きたいのですが
一度止まりきれなくて危ない目に会ってから、
手前で一旦ブレーキングして再び少し加速という非常に歯痒い走り方と成っています。

4コーナーはボトムを最低でも70キロ、
出来れば75キロで走れるライン取りを目指しています。

6・7コーナーの複合もやはりボトムスピードを気にしますが
此処も丘超えな為に丘を越えてからトラクションを安定させて回るようにしています。

丘超えの際にはフロントの荷重が抜けますので、
タイヤがロックしないように舐めるようなブレーキングに合わせれば
フロントのトラクションが掛かりますが、此処で直ぐにステアリングを入れるとアンダー。
此処はクルマの向きが変わり難くて苦手なところです。

でも上手くいくと確実にタイムが上がるので
私は此処も重要ポイントと思っています。

ヘアピン前のコーナーは旋回スピードを上げたいので
毎回のようにアンダー出しまくりで美しく曲がれません。
その後のヘアピン前にある段差、
これが曲者で最近はロック気味なブレーキングに成っています。

という感じで、どのコーナーも癖があって何も考えずに曲がれる所が無く
更にブラインドコーナーばかりというのが袖森の特徴だと思っています。

説明が下手で長文に成ってしまいました。
すみません。
 
 

袖森2コーナー

 投稿者:type23  投稿日:2019年 4月20日(土)21時08分57秒
返信・引用
  一つ質問ですが、2コーナー攻略がタイムアップの肝と思っておりますが煙さんはここの伸びが驚異的なタイムを出していると考えます。袖森でもっとリスクのある2コーナーですが、150km/hでシフトアップしているにも関わらず安定しているのはなんでですか?
よろしくご指導お願いいたします。
 

Re: A052 袖森

 投稿者:  投稿日:2019年 4月19日(金)08時56分40秒
返信・引用
  type23様

拙い走りをご覧いただき、ありがとうございます。

袖森、走り方を忘れてしまったようです。
そして、元々アンダーが強い私の車の悪い所が露呈してしまいました。

A052は1時間半ほどサーキット走行を行いましたが
左リヤがもうすぐスリップサインです。

グリップは非常に素晴らしいですし、とても素直なタイヤと思いますが
ライフが短いですね。

サーキット走行を頻繁に行うならダンロップのディレッツァが懐に優しいので
次回のお遊びタイヤはディレッツァにするかも知れません。
 

A052 袖森

 投稿者:type23  投稿日:2019年 4月19日(金)08時45分30秒
返信・引用
  A052の袖森動画を拝見させていただきました。11秒台のラップですとほとんど、どこかで引っ掛かってしまうのは仕方ないでしょうが、連続でラップできるところがやはり軽さはいいですね!
クリアなら10秒前後行けそうですね。4コーナーや55Rのところがアンダー気味に見えますがA052はショルダー使ってもタイムが出せそうなタイヤです。でも私の場合それに頼ってしまいすぐなくなりましたが・・。来冬楽しみにしております。
 

Re: 今月号

 投稿者:  投稿日:2019年 3月31日(日)05時16分6秒
返信・引用
  > 今月は、盛沢山だあ。 読んでて楽しいね。
> GW、来てください。

いつもながら纏まりのない稚拙な文字を並べただけの文章
読んでいただき、ありがとうございます。

ゴールデンウイーク、
今年は西日本を単車で巡ろうと思っているので
帰路に寄らせて貰うかな。

その際は連絡しますね。
 

今月号

 投稿者:nomuさん  投稿日:2019年 3月30日(土)22時37分34秒
返信・引用
  今月は、盛沢山だあ。 読んでて楽しいね。
GW、来てください。
 

Re: 今頃ながら

 投稿者:  投稿日:2019年 3月18日(月)06時46分40秒
返信・引用
  > 表紙の SZ
ノムさん、アルファ好きだよね。
私は数字で車種を表していた時代のアルファは好きなのですが。
 

今頃ながら

 投稿者:nomuさん  投稿日:2019年 3月17日(日)22時49分45秒
返信・引用
  表紙の SZ やっぱり良いなあ( 笑  

A052

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 9日(土)15時38分47秒
返信・引用
  サーキットではラジアルタイヤというカテゴリーが変化しつつ有る。
各社とも鎬を削っているのが86レース。

そこから派生した感があるが、
兎にも角にもサーキットではハイグリップラジアルが頭角を現してきた。

個人的に楽しむならディレッツァのようにワイヤーが出るまで楽しめるのが一番だが
やはりラップタイムで順位付けをされてしまうのであれば
タイムが出るタイヤを使いたくなるのが人情。

ということで私もヨコハマのA052を入手してみた。







第1印象は「溝が浅い」こと。
ネオバの7ミリに比べて5ミリだ。

但し、ネオバは熱が入った5分山以下はグリップが落ちるので
最後まで使えるなら、ライフが長いならアリかも知れない。

という事で、暫くテストしてみようかと思う。
 

Re: 今月の月刊エンスー

 投稿者:  投稿日:2019年 1月 4日(金)05時51分29秒
返信・引用
  > No.3478[元記事へ]

ちり-ちり さん

本年も宜しくお願いいたします。

クロッチベルト、お言葉に甘えさせていただければ幸甚です。

ローターの件、やはりそうなのでしょうか。

当たり付の時点から違和感がありまして、
剛性感といって良いのか自信はないのですが
当たり付後の表面コーティングが形成されても
タッチが向上しませんでした。

これはスリットやディンプルが有ることから
ローター温度が一定に成らない、若しくは適正温度に成らない
と言うことなのかと思っていましたが
ローター素材とパッドのマッチングが良くないのかも知れないのですね。

富士スピードウェイのBコーナーブレーキング
そのハードブレーキングで夏場にはフェードを起こしてまして
最終コーナーまでフカフカになるのが嫌でスリットローターを試してみたのですが
なかなか思惑通りには行かないようです。
 

レンタル掲示板
/180