teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


西名栗林道・相木川上林道・川上牧丘林道

 投稿者:  投稿日:2016年 7月18日(月)00時00分48秒
返信・引用
  至極普通の林道ツーリング動画です。

だらだらと1時間もありますが、
西名栗林道から始まって中津川林道。
が、この中津川林道はスイッチ入れ忘れて撮れてません。

次の相木川上林道は途中でマイク壊れて音無し。
川上牧丘林道は以前のようなガレガレではなくなってて残念。

と、残念な動画です。

 
 

花貫渓谷と夏井川渓谷

 投稿者:  投稿日:2016年 7月17日(日)23時46分21秒
返信・引用
  どうやら私は滝が好きらしい。

この週末、彼方此方天気がイマイチ。
天気予報と睨めっこした結果
天候が崩れにくそうな常磐方面へ。



花貫渓谷というところと、夏井川渓谷へ行って来ました。
両方共、滝があるのと其処に至る道が割と良いという評判だったので。

花貫渓谷は広域農道グリーンふるさとラインと国道461号花貫峠、
景色はイマイチですが適度なワインディングが続いて楽しく走れます。
滝は不動滝という普通の滝でした。



夏井川渓谷の方は福島の県道41号がJRのあぶくまラインと殆ど並走しており
只見線ほどでは無いですが鉄ちゃんでなくてもマァマァ楽しめる道かと。
此方の滝は籠場の滝で、此方は景色が良かった。



動画はその内アップします。
 

出会った場所など

 投稿者:  投稿日:2016年 6月13日(月)05時04分23秒
返信・引用
  安房峠道路から松本方面に向かって出ると上高地へのT字路の交差点が有り
そこを過ぎて1つ目のトンネルと2つ目のトンネルの中間点辺りです。

彼も熊と遭遇して驚いた後に安全を確かめて路肩に寄り
熊の行動が気になって降車して見ていたのではと推測しています。

もしかしたら彼のクルマと接触したのかも知れませんね。

何れにしても車の往来の多い上高地への場所で
野生の熊が出てくるとは吃驚です。
初夏なので食べ物は多々あると思いますが。


ところで、
今回は黒部ダムの富山側にある称名滝を見に行ってきました。



岐阜の山の中、今まで走ったことのない鈴蘭峠やせせらぎ街道なども
走りましたが、岐阜と富山を結ぶ国道41号が割りと良かったかな。



 

Re: 熊

 投稿者:nomuさん  投稿日:2016年 6月12日(日)19時56分55秒
返信・引用
  > No.3360[元記事へ]

> 安房峠を下って行くと

旧安房峠ですよね。
居るんだ !

でも、少し先に地元の人が .... 追っ払ったのでしょうかね ?
 

 投稿者:  投稿日:2016年 6月12日(日)19時26分28秒
返信・引用
  安房峠を下って行くと
何やら黒い物体が動いている。

まさか熊じゃないよね、
と思って凝視すると、熊!

止まったらヤラれるよね。

そーっと横を通過しようとしたら
こっちに向かってきたー

広角レンズなので大きく見えませんが
私より確実に大きい熊。

なんとかクリアしたものの心臓バクバク。
いやー、ぶつからなくて幸いでした。

 

Re: ツーリング

 投稿者:  投稿日:2016年 6月 2日(木)05時58分32秒
返信・引用
  サーキットでは如何なる状況でも相手には過失を請求しない
というルールが有るのですが、
それを逆手に取って謝罪しない輩が稀に居るのです。

確かに非は無かったのかも知れませんが
そこは日本人の美徳を発揮したい所だと思います。

困ったときはお互い様。
相手を思いやって互いを労う。
其処に争い事は起きません。

と同時に己の反省は十分にしなければなりません。

今回、私の反省点は多々有ります。
仰るようにリスク管理に甘さが有りました。

そして、やるからには楽しまなければ成りません。
これも仰るとおりです。
その楽しむという行為ができなくなった時が潮時なのだと思います。



閑話休題

ツーリングはゴールデンウィークに賭けていました。(^^)
しかし、行きたかった白神山地やアスピーテラインに行けなかったのは残念。

新緑の季節に行きたかったのです。

昨年の夏に行った奥入瀬渓流、とても良かったのですが生憎の雨。
どうしても再訪したい所です。
ここの新緑も素晴らしいはずなので。

梅雨入りする前に、またフラリと何処かへ出かけようかと。
青森は流石に一般道で行くには1泊では困難なので。

せめて2泊3日、できれば3泊4日欲しいところでしょう。
 

ツーリング

 投稿者:nomuさん  投稿日:2016年 6月 1日(水)23時16分41秒
返信・引用
  レースは、リスクとは切り離せない。当然その事は参加者は解っているだろうし。
考え方が大事であって、やるからには楽しまないとね。
さて、ツーリングこうやってまとめると、良く行ったもんだね。
感服します。
 

111cup Rd.3の画像

 投稿者:  投稿日:2016年 5月29日(日)17時22分50秒
返信・引用
  111Cup 2016 Round3 写真

なりとさんがアップしてくれました。

予選その1。160枚
http://img.gg/tLCg19q

予選その2。160枚
http://img.gg/g9PRenz

決勝その1。160枚
http://img.gg/rGWNV80

決勝その2。160枚
http://img.gg/B9qmMmc

計640枚で、容量2.8GB。
 

Re: そりゃ大変だ

 投稿者:  投稿日:2016年 5月25日(水)05時19分34秒
返信・引用
  ご心配いただき、ありがとうございます。

今回はオペをしなければ失明などにも繋がる少し重い病なのですが
数年前から起きていた身体の不調に親として気付いてやれなかったことを
申し訳なく思っています。

それどころか、それを怠けていると捉えて叱った事が
なんと愚かなことをしていたのかと自責の念に耐えません。

そんな為体なものですから
先週末のレースも散々。

決勝で他車と接触してしまったのも私の甘さ。
こんな思考ではレースに参加するべきでは無いのかもしれません。

相手には勿論、私の接触を見た人達には不快な思いをさせたと思いますし
接触してしまったことで111cupのレベルが低いと認識されることにも
憂いています。

ここのところ練習していないことで運転技術が劣化したのも有ると思いますが
此れを反省材料として奮起できなければ他のエントラントに失礼なので
身を引くことさえも考えています。
 

そりゃ大変だ

 投稿者:nomuさん  投稿日:2016年 5月24日(火)20時32分54秒
返信・引用
  手術は、最終手段ですね(やった身には解ります)
検査も大変でしょう。お大事に。
 

レンタル掲示板
/177