teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:13/1753 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

クランクシャフトの折れについて

 投稿者:MasaGoto  投稿日:2017年 6月19日(月)15時13分43秒
  通報 返信・引用
  初めまして。みんカラでMG-TFについてブログを書いていますMasaGotoと申します。
これまで何度か参考にさせていただきました。

今回、クランクシャフトが折れるという話をされていましたので、実際のところどうなんだろうと思い、書き込むことにしました。
詳しくは「第24回NAPAC走行会参戦記」の動画をご覧いただきたいのですが、現状推定155馬力から1気筒当たり10馬力アップの195馬力(と勝手に書いているだけですが)で走っています。

単に馬力アップしたことでクランクが折れるのであればNOSを噴射することなどとんでもないことですが、走った感じでは全然問題なさそうでした。クランクが折れるのは恐らくベアリングにオイルがうまく行き渡らずに過熱したことが原因なのではないかと思っています(某社のブログでKエンジン整備で折れたクランクの画像を見ています)。

ちょっと話がずれますが、NOSはどんなメカチューンも寄せ付けないと思います(NOS信奉者ではありません)。吹かない時もある程度高性能を維持したいというのであれば、さらにエンジンをいじっていくのもありなのですが、NOSを噴射した瞬間、今までいじってきた(時間、金額も)はなんだったんだという気がしました。

スチール製のクランクは確かに魅力的ではありますが、純正クランクだと折れる可能性があるため必要なのかと言われると実際のところどうなんでしょう?
ドラッグレースの世界であればクランクも消耗品ですが、それと同じように考えるものなのでしょうか?個人的にはクランクよりもコンロッドのほうが持たない気がしますが・・・。

http://minkara.carview.co.jp/userid/1737905/blog/

 
 
》記事一覧表示

新着順:13/1753 《前のページ | 次のページ》
/1753